料理初心者がそろえておきたい調理器具は?

加熱調理に必要な器具

加熱調理器具の注意点

鍋やフライパンも、包丁と同様、材質に様々な種類があります。
その材質は包丁よりも多彩です。
その理由は、熱伝導の効率というポイントもあるからなんです。
鉄、ステンレスのほかに、アルミ、銅といった金属も使われます。
また、焦げ付きにくく、お手入れをしやすくするため、アルミやステンレスの胴体に、フッ素やセラミックの塗装がされている物も登場します。
材質ごとにメリット、デメリットもありますが、選ぶ際には、熱源について理解しておくことが必要です。
熱源とは、つまりコンロについてです。
一昔前は殆どがガスコンロでしたが、現在は電気で発熱させるIHクッキングヒーターを採用している住宅が増えています。
アルミや銅製のものはIHでは使えません。
また、セラミック製や土鍋などの陶器類も、IHには不向きなんです。

加熱調理器具の選び方

鉄製の鍋やフライパンは、包丁と同様、錆びやすくお手入れが面倒、というデメリットがありますが、調理人や料理好きの人には不動の人気のある素材です。
人気の秘訣は熱伝導の良さと丈夫さです。
ちゃんとお手入れすれば一生ものと言われています。
でも、一人暮らしなどで、調理器具のお手入れに時間を使いたくない、という方であれば、フッ素樹脂加工の施されたフライパンや鍋を選ぶと失敗は少ないでしょう。
焦げ付きも少なく、お手入れも、中性洗剤で洗うだけでOK。
だたし、表面の塗装に傷がついてしまうと、そこから焦げ付きやすくなってしまったり、塗装がはがれてしまったりするため、尖ったものや金属のフライ返し等は使用しない様注意することが長持ちの為には必須になります。
大きさは、コンロの大きさも考慮して、直径20~26cm位にとどめると良いでしょう。


TOPへ戻る