料理初心者がそろえておきたい調理器具は?

料理をしたいと思う瞬間は?

素材別のまな板の特徴

野菜や肉、魚などの食材を切る時に、下に引くものとして、包丁とセットで必要になるのがまな板です。
その素材は様々で、しっかりと厚みのある物もあれば、文具の下敷きの様な薄さの物もあります。
材質も、木製の物、プラスチックの物、石製、ガラス製など、様々です。
包丁の刃を受け止めるために、ある程度の強度があって、衛生的なものであればいいのでは?と思われる方も多いですが、実は、包丁との関係が大切なんです。
樹脂(プラスチック)製のまな板は、安価で、衛生面に優れているので、使い勝手もよい素材ですが、硬いため、包丁の刃は当たる度に摩耗してしまう、つまり、切れ味が悪くなりやすい、というデメリットもあるのです。
木製のまな板は、柔らかく、包丁の刃に優しいのですが、まな板自身が傷つき、そこに雑菌が入り込んでしまう、ということもあるので、お手入れに気を使わなければいけない、というデメリットがあります。

包丁の素材別の特徴

包丁に使われる素材としては鉄(鋼)、ステンレス、セラミックがあります。
鉄は、切れ味が鋭く、研ぎなおしもしやすいので、プロの料理人や料理好きの方には人気があります。
しかし、錆びやすく、お手入れが面倒ということがあります。
一方、ステンレスは、錆びにくいというのが一番の特徴です。
切れ味も、鋼の差のないクオリティの物もありますが、鋼の包丁と比べて値段が高い傾向にあります。
そして、セラミックは、基本的には研ぐ必要がありません。
軽くて使いやすく、当たり前ですが錆びません。
硬度が高いので、生のカボチャなど、硬いものを切ると、刃こぼぼれ(欠ける)ことがあります。
自分に合った素材を選ぶことが長持ちの秘訣です。
そして、包丁にはサイズや形の違う様々な種類がありますが、普通の料理であれば、三徳包丁という、刃の長さが17cm程のタイプがよく使われています。


TOPへ戻る